上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



ウコンと脂肪肝

ウコンが脂肪肝の予防・改善に効果があるとされています。もっとも、脂肪肝を治すには、例えば、食事の量を今までの4分の3程度に減らし、1日20分程度、軽く汗ばむ程度のウォーキングを週3回続ければ、2週間程度で改善が見られて、1?2ヵ月後には超音波検査で見た肝臓の状態も正常になるといわれています。



脂肪肝というのは、肝臓に脂肪がたまって肝臓の機能が悪くなることをいいます。肝臓は沈黙の臓器といわれるように、脂肪肝になっても、これといった自覚症状はありませんが、生活習慣病の初期状態です。脂肪肝の状態が続くと糖尿病や痛風になったり、10年以上経過すると肝硬変・肝ガンに移行することがあるともいわれています。



脂肪肝の人の急増が懸念されています。いまや約3人に1人が脂肪肝と推定されているほどです。その主な原因は、食べ過ぎ、飲み過ぎにあります。食事量を減らし、運動を日常的にすれば治るんですが、なかなか実行できない人にはウコンのような栄養補助食品を利用するのもひとつの方法といえます。



血液検査で血中の中性脂肪やコレステロール値が高く、GOTやGPT、γGTPというたんぱく質の量が正常値を超えている時は、脂肪肝のことが多く、超音波検査で見ると、脂肪部分が白く見えます。



ウコンは、動物実験によって、脂肪肝に効果があることが確認されています。ウコンといえば、アルコールを分解するのに必要な胆汁酸の分泌を促す作用や、二日酔いの予防効果が知られています。



ウコンのクルクミンは、肝機能の1つである胆汁酸の分泌を増やす効果があります。アメリカでの実験ではウコンに含まれるクルクミンを1日300mgから1000mg摂取することで胆汁酸の分泌量を3倍に増やすことができたとしています。



胆汁酸は肝臓から分泌され胆嚢で濃縮される消化酵素で、脂肪の消化や脂溶性の性質を持つビタミンなどの吸収を良くする作用が知られています。



ウコンは、1日3?5gが摂取の目安ともいわれています。大量に摂ると鉄欠乏性貧血になるという報告もあるので、10gを超えての摂取は避けたほうがよさそうですし、あまり長期にわたる連用は避けたほうがいいようです。。

ウコン サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



スポンサードリンク



tag : ウコン 脂肪肝

google検索
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。