上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



ウコンと糖尿病

ウコンに含まれているクルクミンは、体内でより強い香酸化作用を持つテトロヒドロクルクミンへと変化するんですが、この物質のもつ抗酸化作用が糖尿病の合併症を予防する効果があるとして期待されています。



活性酸素が糖尿病と関係が深いと考えられるのは、たとえば、細胞内のミトコンドリアで、ブドウ糖からエネルギー(ATP)を産出していますが、 この過程で発生した活性酸素がミトコンドリアを変質させることがあると考えられます。その結果、エネルギーが作られず、ブドウ糖も使われないために血糖値が上昇してしまいます。



また、インスリンを産出するすい臓のランゲルハンス島にあるβ細胞は活性酸素の攻撃に弱いために、活性酸素に攻撃されるとダメージを受け、インスリンの産出が減ってしまいます。そうすると、血液中のブドウ糖の量が増えて「糖尿病」となります。



糖尿病を発症すると、余分なブドウ糖は全身の多くの組織や臓器でタンパク質などと反応をするグリケーション(糖化)という反応を起こします。これは、糖尿病血管合併症をはじめとする種々の糖尿病の合併症といわれる疾患発症・進展へと向かうことが考えられています。



合併症には、網膜症(失明することもある)・腎不全・心筋こうそく・脳血管障害・神経障害などが知られています。つまり、糖尿病の恐ろしいのは、こうした合併症が発症することです。ですから、糖尿病を治療する目的は糖尿病の各種合併症を防ぐことであるといえます。これら糖尿病の合併症は、活性酸素が、組織や臓器を攻撃することによるものとされています。



ウコンのクルクミンとその代謝物であるテトロヒドロクルクミンは、これらの活性酸素に対して、有効に働くことで、糖尿病の合併症予防に効果があると考えられるわけです。
ウコン サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



スポンサードリンク



tag : ウコン 糖尿病

google検索
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。