上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



ウコンと副作用

ウコンは、そのクルクミンがもたらす様々な効能が今注目を浴びています。したがって、様々な効能を求めて、常用する人が増えているようです。しかしながら、常用するには注意が必要なようです。



例えば、C型慢性肝炎の患者は鉄分の過剰な症状を起こしやすいことから鉄分を制限する食事療法が実施されますが、アキウコンの製品には鉄を多量に含有するものがあり、注意が必要であるとされています。



ウコンというと肝臓にいいとされていて、お酒を飲む人には人気なんですが、実際に肝機能を判断する目安としているGOT、GPTの値は下げる作用が確認されていますが、同時に肝臓細胞の働きまでも抑えてしまう傾向があると考えられています。



さらに、クルクミンを摂り過ぎると、かえって肝臓に負担をかけてしまい、肝臓の機能を低下させてしまうという副作用があると考えられてもいます。それに、クルクミンは、血液をサラサラにする作用(血小板凝集抑制作用)があるとされています。血液を固まりにくくする薬を服用されている方は、医師への確認が必要といえます。



ウコンの過剰な摂取、長期にわたる摂取は、消化管などに障害を起こすこともあるようですので、注意が必要です。例えば、肝臓に障害のある人がウコン茶を飲むと、副作用の危険性があるともいわれています。ウコンの代謝物質が肝臓に負担をかけ、アレルギー反応、副作用が起こる可能性があるようです。



一般的には、通常の食事中に含まれる量のウコンの摂取であれば、おそらく安全と思われるとされていますが、効能を求めて薬剤として過剰または長期連用摂取をした場合は、消化管障害を起こすことなどがあり注意が必要です。



以上のことから、急性黄疸、ヘルペス、妊娠中、肝硬変、胆嚢炎、消化性潰瘍、胃酸過多、胆道閉鎖症、胆石などの場合は、ウコンの摂取を控えるべきともいわれています。

ウコン サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



スポンサードリンク



tag : ウコン 副作用

google検索
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。