上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



白ウコン

「白ウコン」と呼ばれている植物が、なぜか、日本では、3種類存在しています。ひとつは、紫ウコン(ガジュツ・白ガジュツ)(Curcuma zedoaeia Roscoe)の事を指します。



もうひとつの白ウコンは、ハナショウガ(学名 Zingiber zerumber Smith)のことをいいます。ハナショウガは、インド原産といわれるショウガ科の多年生植物で、東南アジア一帯から広く南太平洋や沖縄諸島に分布し、沖縄ではムザヌウッチンと呼ばれているものです。特に膵臓によく、糖尿病には大きな効果を発揮する品種といわれています。そのほかに、高血圧、痛風、疲労回復、水虫にも効果があるといわれています。



ハナショウガは、クルクミンをほとんど含んでいませんが、「ゼルンボン」という精油成分を含んでいます。最近の研究により、このゼルンボンには消炎鎮痛や免疫機能の活性、メラニン形成阻害などの様々な優れた作用があることがわかってきました。さらに、ゼルンボンは化学的な反応性が高く、香料や抗菌剤、あるいは抗がん剤などへの応用が期待されています。



そして、もうひとつの白ウコンは、インドネシアのベンコアン(Bengkoang)です。ベンコアンは、シオネール、アズレンという成分が豊富に含まれており、殺菌・疲労回復・血液をきれいにする効果で知られていて、インドネシアでは皮膚病や血液浄化等の症状を改善する民間の伝承薬として、多くの人が愛用しています。

白ウコン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



スポンサードリンク



tag : 白ウコン

google検索
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。