上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



黒ウコン

黒ウコンは、ウコンと同じ生姜科の植物ですが、バンウノン属というウコンのクルクマ属とは別の種類に属します。原産国タイではクラチャイダム(Krachai Dam)と呼ばれていて、滋養強壮を目的として使われています。



「秋ウコン」や「春ウコン」に多く含まれているウコン特有の成分とされる「クルクミン」が少量含まれているため、一般的に「黒ウコン」と呼ばれるようになったものです。



黒ウコンは、したがって、元々は、「黒生姜」と呼ばれていたものです。黒ウコンは、学名を kaempferia parviflora といい、ショウガ科バンウノン属で、黒ウコンの根茎切断面は紫色を呈し、クルクミン以外にポリフェノール、アントシアニン、セレンやアミノ酸を豊富に含んでいます。



黒ウコンに含まれる「アントシアニン」は、ブルーベリーの色素成分で抗酸化物質として知られていますが、目の網膜の色素体であるロドプシンに関係することがわかっています。また、筋疲労を抑制し、運動による過酸化脂質の増加を抑制するともいわれています。黒ウコンは、そのアントシアニンをブルーベリーの3倍含有しています。



「クルクミン」は肝臓の働きを助けたり、ストレス、紫外線などが原因で発生する活性酸素を抑える抗酸化作用があり、免疫力を高めてくれる事が知られています。



そのほかにも、黒ウコンには、悪玉コレステロールの酸化を抑える「ポリフェノール」、抗酸化作用のある「セレン」、そして、亜鉛やマグネシウムなど健康維持に役立つミネラルなどがバランスよく含まれています。



さらに、黒ウコンは、アディポネクチンの分泌を促進させる働きがあるとされています。アディポネクチンとは脂肪細胞が分泌する善玉ホルモンで、脂肪を燃焼させたり、糖を分解するインスリンの働きを助ける作用がありますが、内臓脂肪の多い人は、その分泌量が少ないといわれています。



このように、黒ウコンは、メタボなどで悩む現代人の健康をサポートする栄養素をバランスよく含んでいるのが特徴です。
黒ウコン 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



スポンサードリンク



tag : 黒ウコン

google検索
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。