上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



ウコンとがん

ウコンが、がんの抑制効果があるとの報告があります。ウコンの有効成分であるクルクミンは二日酔い対策としての作用が知られていますが、皮膚がんや大腸がんの抑制効果などや、γ―線照射により形成される乳腺腫瘍の形成を抑制する作用があるなどの報告がされたりしています。



ウコンのクルクミンの生理作用として抗腫瘍作用や抗酸化作用、抗アミロイド作用、抗炎症作用などが知られています。抗炎症作用はエイコサノイド合成の阻害によるものだと考えられています。



ウコンを摂取すると含まれているクルクミンがまず腸上皮細胞で還元され、強力な抗酸化性を持つテトラヒドロクルクミンに変換されたのちに脂質ラジカルを捕捉することで強い抗酸化作用をもたらします。



ウコンの摂取において、クルクミンから作られる、このテトラヒドロクルクミンが、クルクミンよりも強い抗酸化作用を持つことで、大腸がんや、腎臓がんの抑制、や予防作用をもたらすのではないかと考えられています。



また、別の研究では、クルクミンには、がん細胞を特異的にアポトーシスへと誘導する作用があるとの報告もあります。したがって、ウコンは、そのクルクミンが、がん細胞のアポトーシスを誘導したり、テトラヒドロクルクミンに変換されることで強力な抗酸化作用を発揮することでがんに対して抑制効果があると考えられています。

ウコン サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



スポンサードリンク



tag : ウコン がん

google検索
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。