上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



ウコン

ウコンとは、一般的に秋ウコンを指しますが、他には紫ウコン(ガジュツ)、春ウコンなどがあります。インド原産のショウガ科の多年草で、古来からインドや中国ではショウガに似た大きな根茎を薬・香辛料・染料として利用してきました。



ウコン」の英名はターメリックといいます。ターメリックはカレー粉の主原料であり、たくあんの色づけなど、古くから食用として利用されてきたものです。



ウコンは、肝臓の働きを助け、肝臓が分泌する消化液胆汁を増やすことで、悪酔いを防ぐほか、体内の有害物質の排泄を助けるといわれています。沖縄県では、昔から大酒を飲むお祭りの前に、ウコンを擦って飲む人も多いそうです。その秘密はウコン抽出物に含まれるクルクミノイドと精油成分にあります。



クルクミノイドは活性酸素に対する抗酸化作用を持つとされ、肝機能を強化し、胆汁分泌を促進する作用や利尿作用があるため、肝炎などの肝機能障害に有効な成分です。



精油には殺菌成分があるとして注目されています。例えば、ターメロンは、胆汁の分泌を促進する作用とともに、鮮魚寄生虫アニサキスの成長を抑制する作用があるとされています。



ウコンの精油には、さらに体内のコレステロールを溶かすことで、メタボリックシンドロームでのチェック項目でもあるコレステロールを血液中から減らす効果があり、動脈硬化の原因となる過酸化脂質も減少させます。



ウコンの精油の効能としては他に、尿道結石や動脈硬化に有効なことや、もろくなった血管を修復することで血管に弾力性を持たせることができるとされています。実際に、循環器を中心に認知症の予防、喘息、アトピーなど広範囲に効果を上げています



また、がんに対しても一定の効果があるとされていて、なかでも春ウコンに多く含まれるクルクモールは、中国では子宮がんの治療に用いられているようです。



ウコンは、さらに、ビタミンEなどに匹敵する強い抗酸化作用を持ち、喫煙や老化に伴って増える遺伝子の障害を防ぐとされています。そして、紫ウコンは、胃潰瘍の主な原因とされているヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)を抑える効果があるとされています。



ウコンは以上のように様々な効能を期待できるようですが一方では肝臓細胞の働きまでも抑えてしまう傾向があると考えられていますので、体に良いといって年配者がサプリメントなどで多量に長期連用するには十分な注意が必要と思われ、例えば週に一度の服用にとどめるなどの配慮が必要と思われます。



また、ウコンは体を冷やす作用があるともいわれています。冷え性の人の利用には注意が必要と思われます。

ウコン サプリ 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク



スポンサードリンク



tag : うこん ウコン

google検索
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。